共有名義の不動産を所有している人がいますが、そもそもどのようなきっかけで所有をすることになったのでしょうか。
基本的に、大きく分けて2種類のことが考えられます。
通常相続をする場合にはこのような状態になるケースが多いです。
親がなくなり不動産が相続される場合、相続人が何人かいたとすればそれが共有名義になるといえます。
もう一つは、結婚して夫婦で住宅を購入している場合、共有名義にすることがあります。
仮に離婚等をすることを考えると、そのほうが都合が良いからです。
では共有名義人は、一体これからどのようなことが起こることを仮定して把握しておいた方が良いでしょうか。

基本的に誰か1人を相続人にすることができる


結婚して夫婦で1つの建物に住んでいる場合、共有名義であってもその不動産をしっかりと利用されているケースがほとんどです。
夫婦の仲が悪く片方が家から出て行かない限り、それぞれが特定の不動産に住むことになります。
つまり、共有名義にしてある不動産はそのまま活用され、単独名義とほとんど変わりがありません。

これに対して、親がなくなり子供が複数いた場合にそれぞれ所有名義になった場合はなかなか使いにくいのが現状です。
子供といっても、中学生や高校生位などはまた別ですが、結婚をして所帯を持っている子供が複数いた場合、親の不動産をそのまま使うわけにはいきません。
例えば子供が3人いたとすれば、それぞれ3つの過程がある可能性があり3つの過程が1つの不動産に住む事は考えにくいといえます。

この時にとるべき選択肢の1つは、相続人の1人が完全に買い取ってしまうパターンでしょう。
そうでなければ、使い道が全くなくなり空き家になる可能性も否定できません。
管理をすることを考えれば、誰か1人が買い取り残りの2人はお金だけを受け取って共有名義を解消し買い取った人の単独名義にするのが1番争いがないパターンといえます。

単独で引き受けた場合に考えておきたいこと

例えば子供が3人いる場合、1人の人が共有名義を解除し単独名義にしたいとします。
確かに3人で分割しそのままの状態で置いておくよりも、誰か1人が住み続けた方が、不動産としても状態が良くなります。
特に、土地ではなく建物の場合は、定期的に人が住んでいて窓の開け閉めなどを行った方が、耐久力は維持されると言われているでしょう。

この時に問題があるとすれば、まず2人の同意を得なければならないと言うことです。
3人の共有名義人のうち、1人の人が完全に相続をして家をもらうこともできますが、残りの2人は共有名義を解消する反面お金をもらえることになります。
もしその住宅の価値が30,000,000円だった場合、本来であれば10,000,000円ずつ分割されておりその状態で共有名義になっているはずです。
そこで1人の人が完全に相続し単独名義にする場合は、残り2人は共有名義を解除した反面、10,000,000円ずつもらえる計算になります。
単独相続する顔は、それぞれに10,000,000円ずつ支払わなければいけません。

この段階で、残り2人の同意が必要になりますがもし誰か1人が拒んでいる場合には、単独名義にする事は不可能です。
もっとも、拒む理由と言うのはそれほどなく大抵の場合すんなりと単独名義にすることができるでしょう。

第三者に売却する方法を考えられる


親がなくなり子供がそれぞれ1つの不動産を相続した場合、使い道がないのは言うまでもありませんがこの時は単独で名義人にして残りの2人にその分の費用を払う事はすでに述べた通りです。
ですがこの方法は、単独名義人にしてそこに住もうとしている人にそれなりのお金がなければ成立しない話です。
30,000,000円の不動産の場合、残りの2人に対して10,000,000円ずつ渡し共有名義を解除し単独名義にする事は可能ですが、20,000,000円の現金がない限りなかなか難しい話です。
この方法としては、現在住んでいる住宅を売却し、親が住んでいた住宅を完全に単独名義にする方法もあります。
ただ、住んでいる住宅に住宅ローンが残っている場合や、20,000,000円ほどの資産価値がない場合はなかなか難しいといえます。

もちろん分割にして10年位で分けて支払う方法もありますが、それすら難しい場合には第三者に売却をして3人とも名義を解約することもできるでしょう。
売却が決まり、お金が入った場合は、通常の現金を三分割して3人で分けることになるわけです。
この点も、それぞれ同意し3人が同じ意見でなければ実行することができません。

まとめ

所有名義になっている場合は、相続による場合と結婚した夫婦による場合がありますが、後々問題になるのは相続の場合の方が多いです。
複数の兄弟で1つの物件を共有したとしても、なかなかそこの家に住む事は難しくなります。
特に家庭がある場合には、親の不動産に住み続ける事は難しいでしょう。
この場合は、1人の人が単独名義にし、残りの相続人にお金を払う方法が考えられるわけです。
一方で、第三者に売却をし、そのお金を残りの相続人と分割して分ける方法も考えられます。
この件に関しては、それぞれ相続人が同意をしなければならない点に注意をしておくことが必要です。

PRおススメサイト
共有名義不動産を所有しているなら知っておくべき情報は
共有名義の悩みやトラブルの解決を数多く手がけてきた中央プロパティーHPへ