共有名義の不動産の変更や解消する方法

共有名義を変更する方法はいろいろとある

共有名義の不動産を持っていると単独名義に変更したいと考える人も少なくないと考えられますが、単独名義にすることで共有不動産ではなくなるので、不動産を有効活用しやすくなります。
しかし共有名義の不動産を勝手に変更するようなことはできませんから、基本的には最初に他の共有名義で持っている人物に接触をしないといけないです。

贈与を受けることで変更するようなことはできますが、贈与は相手側がそのような気持ちがないとおこなわれることはありませんから、実際の共有不動産でのやり取りで発生するケースとしては少ないと考えられます。
贈与以外には売買をすることによっても、単独名義に変更をすることができますから、他の共有名義で不動産を所有している人物と接触して持分に対して購入を呼びかけることになるはずです。

当然ながらこのパターンも相手側が売却を受け入れない限りは、購入することはできませんから単独名義に変更することもできません。

変更できても税金が発生する

共有名義の共有不動産を持っている場合で、上手く贈与や売買をすることができて単独名義に変更することができても、基本的に税金を負担しないといけないです。
日本では贈与税をかなり負担しないといけませんから、贈与を受けることで逆に損をするようなケースも珍しくないです。
そのため贈与をする場合も最初にどの程度の贈与税を負担することになるのか、計算しておかないといけません。
贈与税を負担することができないと、結局単独名義にしても不動産を売却しないといけなくなるかもしれませんし、安く売却することしかできないと結果的に大きな損失が発生することになります。
この点は共有不動産の価値で変動するような特徴を持っていますから、それぞれの不動産によっても条件に違いがあるので注意が必要です。

共有名義の人達で売買をしたようなケースでも、税務署にチェックされると結果的に贈与税を請求されることがあります。
個人間で売買が成立していても税務署がチェックして贈与だと認められれば、税金を負担しないといけない状態になります。
共有名義の不動産の名義変更などをしたい場合は、業者のサポートを受けた方がいいかもしれません。

まとめ

共有不動産の共有名義を変更したいような場合は、単独名義にするために贈与か売買をするしかないです。
贈与をすることで単独名義に変更することはできますが、基本的に贈与税を負担しないといけないので、最初に税金も計算しておかないと損をする可能性があります。
売買で単独名義に変更するような場合も税務署がチェックをして贈与だと判断されたら、贈与税が発生することになるので、個人間の売買にはリスクがありますから注意が必要です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。