共有名義の不動産は住宅ローンの控除を二重に受けることが可能!

それぞれに住宅ローン控除が適用

マイホームを買う際、夫と妻でお金を出し合うのは良くある話です。
そしてマイホームを共有名義にするのですが、これには大きなメリットがあります。
それは住宅ローン控除を二重で受けられることです。
住宅ローン控除とは、税金の課税額を少なくできる制度です。
一般的に住宅の価格は年収よりもはるかに高いです。
よって、多くの人は融資を受けて購入することになるでしょう。
貯金だけで全額を払うことが難しく、新生活に使う資金も残しておかなければなりません。
そのため、住宅ローンを利用する人が多く、その控除による節税の恩恵を受けている人は多いです。
借り入れの残高を基準として、そこに一定のパーセンテージをかけた金額を所得税から控除できます。
住民税にも適用されるため、かなりメリットは大きいといえます。
共有名義にすれば、それを二人分も受けられるようになるのです。
簡単にいうと夫婦それぞれの所得税や住民税が安くなります。

住宅ローン控除を受けたい場合の注意点

共有名義で二人がそれぞれ控除を受ける場合、個別に借りるペアローンを選択します。
もしくは連帯債務という形で借りても構いません。
それに対して、どちらかが連帯保証人になる方法は不適切です。
たとえば夫が名義人になって、妻がその連帯保証人になるケースは珍しくありません。
このケースでは二人に住宅ローン控除は適用されないので注意してください。
連帯債務と名前が似ていますが、まったくの別物なので違いを理解しておきましょう。
とはいえ、共有名義の連帯債務に適応した住宅ローンは減りつつあります。
したがって、共有名義なら事前に金融機関に問い合わせておくのが得策です。
また、住宅ローン控除は基本的に10年間続きます。
1年あたりの恩恵は小さくても、10年のトータルで考えると差はとても大きいです。
一般的には、単独の名義にした場合と10万円ほどの違いが出ます。
融資額を増やしやすいことや、相続税の節税にもなることもメリットです。

まとめ

住まいの購入時に住宅ローンを使うなら、控除の制度を理解しておきましょう。
そのメリットを最大化するために、共有名義で買うことも一つの手です。
二人分の住宅ローン控除によって節税の効果が一気に高まります。
ただし、連帯保証人になってしまうと対象外なので気を付けてください。
共有名義で正しく適用できれば長期にわたって恩恵があります。
課税額が少なくなれば、住宅ローンの返済に回せるお金が増えて、その分だけ生活の水準を高められます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。